ピルを購入する方法をご紹介します。ピルの購入方法で一番おすすめなのは個人輸入を利用することです。ピルには個々の体質や状況などに応じた種類があります。ピルとは何かを理解し、正しく安全な使用を心掛けましょう。ピルの初心者必見です!

Scroll

男性用ピルがあるって知ってますか?

女性の避妊用の薬としてピル(経口避妊薬)は有名ですが、女性主体で避妊をするもので男性が避妊をしたいときに使えるものではありません。
ピルを使用することで99.9%避妊に成功することが出来ますが、体質に合わないものを使用していると頭痛や吐き気を誘発し、副作用に苦しむことになります。
既往歴によっては服用することもできない場合があるので、使用したくとも使えないということもあります。

女性がピルを使うことができない場合や、男性主体で避妊をしたい場合はどのようにすればいいのでしょうか。
まず頭に浮かぶのはコンドームの使用ですが、コンドームはピルと比べると避妊率は低く安心できません。
そこで海外では男性用ピルが注目されつつあるようです。

男性用ピルは男性不妊の原因の一つの「精子無力症」を人工的に引き起こすことで避妊をすることができるようにするもので、精子の運動力を低下させ卵子にたどり着けないようにする薬です。
1日1錠程度服用することで避妊が見込めます。
男性用ピルの特徴は即効性があり、投与してから短時間で効力が発生し数日後には効力が切れることです。
効力が長引くものではないので安心で、女性用のピルのように長期間服用しなければ効力がでないというわけでもないので手軽に避妊をすることができます。

また、男性用ピルは女性用のもののようにホルモンに働きかけるわけではないので女性用のもののような不快な副作用はありません。
実験では体重増加や血中の酵素の濃度が高くなったケースがあり、心臓か腎臓の機能に問題がある可能性が出てきましたが、ピルとの関連性はまだ判明していないようです。

日本では男性用ピルの認知が低く、避妊は女性の悩みになりがりですが、これからは男女等しく避妊について考える時代です。
望まれない命を増やさないためにもお互いに避妊を意識し、両人に合った避妊方法を選択することが重要です。
体質などにより明確な答えがあるものではないですが、まずは医師とパートナーに相談しましょう。

男性が女性用のピルを飲むとどうなるの?

女性用ピルは女性ホルモンにより排卵を制御し避妊の効力を得るものです。
男性が女性用のものを服用すると、男性ホルモンの活動が抑制され、女性ホルモンが増加するので胸部が膨らんだり臀部に脂肪がついたりと女性らしい体になります。
ニキビや体臭の減少、体毛の減少などの美容に良い効能も起こりますが、それだけでは終わりません。

男女共通ではありますが、女性用のものには頭痛や吐き気などをもたらす副作用があります。
男性が長期服用すると貧血や血圧の低下、冷え性、睾丸縮小、睾丸痛の他に男性不妊症になることがあります。
男性不妊症は避妊をするという面では効力がある、感じるかもしれませんが自己判断で服用していいものではありません。
長期間飲まないと精子が完全に活動しなくなることもなく、確実性もありません。
自己判断で服用は絶対にしないようにしましょう。

また、男性の性同一障害の患者は女性用ピルを服用することで体と精神のバランスをとる場合があります。
体が女性に近づくので有用ですが、筋力や体力の低下や疲労感の増加とデメリットもあるので、医師と相談をして服用する必要があります。
少量の服用でも長期服用することにより取り返しのつかないことになる可能性があります。
ホルモンに影響を及ぼすリスクを知り専門の医師と相談した上で選択しましょう。

人によって女性用ピルを服用することにメリット・デメリットがあるでしょう。
女性化したい方がピルについて調べたらとても魅力的に感じるかも知れません。
デリケートな問題なので医師に相談もしにくいとは思いますが軽はずみな行動をすると一生後悔することもあります。
甘い言葉だけに耳を傾けず大切な体について慎重になりましょう。