ピルを購入する方法をご紹介します。ピルの購入方法で一番おすすめなのは個人輸入を利用することです。ピルには個々の体質や状況などに応じた種類があります。ピルとは何かを理解し、正しく安全な使用を心掛けましょう。ピルの初心者必見です!

Scroll

日本で一番人気の低用量ピル「トリキュラー」

トリキュラーは高い避妊効果が認められており、日本でも人気がある低用量ピルです。
副作用も少なく、用法や用量を守って正しく服用することで、ほぼ100%の確率で避妊を行うことができるとされています。
通常避妊、緊急避妊、生理日移動といった目的で使用されています。

トリキュラーは、3相性タイプに分類される低用量ピルです。
トリキュラーの有効成分は3段階で変化する仕組みになっていて、女性の体が持つ自然なホルモンバランスに近づけることができます。
毎日、順番通りに飲む必要があるので、飲み忘れなどには注意が必要です。

トリキュラーには、錠剤が21錠あるタイプと28錠あるタイプがあります。
21錠タイプのトリキュラーには、錠剤すべてに有効成分が含まれています。
一方、28錠タイプのトリキュラーには、有効成分が含まれている21錠に加えて、有効成分が含まれていない偽薬7錠が入っています。
偽薬は、薬の飲み忘れを防止するために服用するものです。

21錠タイプのトリキュラーは、21日間連続で1シートを順番通りに服用していきます。
シートには飲み始めの日から毎日飲む順番が記された数字が載っています。
1シートを飲み終えたら、7日間の休薬期間を設けます。
そして、再び次のシートの1日目から服用を始めます。
28錠タイプのトリキュラーの場合には28日間継続して1シートを服用し、飲み終わったら次のシートに移行します。
トリキュラーを初めて飲む人や飲み忘れが心配だという人には、28錠タイプの方がおすすめです。

トリキュラーは毎日一定の時刻に飲む必要があるされており、服用する予定時間より12時間以上遅くならないようにします。
トリキュラーを服用していると、子宮内膜が安定する効果があります。
そのため不正出血が起こりにくいといった効果も期待できます。
しかし、毎日飲む順番を守る必要があるので、ピルの中でも飲み忘れによる失敗が比較的多いといわれています。
せっかく避妊効果が高くても、飲み忘れてしまうと意味がないので注意が必要です。

ピルのホルモン量の違いとその影響

ピルは錠剤に含まれている有効成分の量によって、種類を分類することができます。
低用量ピルとは1つの錠剤に含まれている黄体ホルモンの量が0.05mg未満のピルのことをいいます。
病院などの医療機関で処方されるピルは、緊急時や生理周期の安定を目的とする以外は低用量ピルが一般的です。

ピルが誕生したのは、1960年代のアメリカです。
当時は、黄体ホルモンの量が0.05mgを超える高用量のものでした。
しかし、副作用が大きかったため、より体に負担がかからないピルの開発が進められました。
そして、黄体ホルモンの量を減らした中用量、低用量ピルが開発されたのです。
黄体ホルモンの量は減っていますが、避妊効果はしっかりと維持されています。
また、副作用を抑えることにも成功しています。

トリキュラーは黄体ホルモンであるノルエチステロンの量が、0.05mg、0.075mg、0.125mgと3段階に変化する低用量ピルです。
また、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの量も0.03mg、0.04mg、0.03mgと3段階に変化します。
トリキュラーの28錠タイプには、この他に有効成分が配合されていない偽薬もあります。

有効成分が3段階に変化することで、女性の体のホルモンバランスに近づけることができます。
その結果、副作用を抑えることにもつながっています。
錠剤にはそれぞれ色がついていて、赤褐色、白色、淡黄褐色となっています。

トリキュラーには、飲み合わせに注意が必要な食べ物や飲み物、サプリメントなどがあります。
併用が禁止されているわけではありませんが一緒に服用することで副作用がでやすくなるので、医師に相談するなど適切に対処する必要があります。