ピルを購入する方法をご紹介します。ピルの購入方法で一番おすすめなのは個人輸入を利用することです。ピルには個々の体質や状況などに応じた種類があります。ピルとは何かを理解し、正しく安全な使用を心掛けましょう。ピルの初心者必見です!

Scroll

ヤーズは月経困難症を解消するための超低用量ピル

ヤーズは低用量ピルの一種ですが、そのなかでも超低用量ピルに属していて、第4世代の新しいピルになります。
ヤーズを服用すると、月経困難症を改善する効果があるので、この超低用量ピルがあれば、女性の辛い症状を和らげることが出来ます。

ヤーズに配合されているのは、黄体ホルモンのドロスピレノンと、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールという2つの女性ホルモンです。
黄体ホルモンには排卵を抑える効果や、子宮内膜が厚くなるのを抑制する効果がありますし、生理痛の原因物質のロスタグランジンの生成も抑える効果もあります。
そのため、この超低用量ピルを飲めば、月経困難症の辛い悩みをなくすことが出来ます。

ヤーズの気になる副作用は、頭痛、吐き気、嘔吐、不正子宮出血、乳房痛、乳房障害、気分が悪くなるなどです。
ヤーズだけでなく、超低用量ピルを始めて服用すると、これらの副作用が出やすいので、それほど心配する必要はありません。
月経困難症の対策が出来るので、我慢できないほどでなければ続けるようにしてください。

超低用量ピルを初めて最初の1~2か月は、頭痛や吐き気、月経とは違う不正出血などが出やすいですが、少しずつ体が薬に慣れてきますから、大体3か月も経てば気にならなくなるでしょう。
ただし、とても我慢できないような副作用であった場合は、無理に3か月も続けないようにしてください。
そのピルが体質的に合わない可能性があるので、別のピルを処方してもらった方が良いでしょう。
ピルは種類が多いので、副作用を我慢してまで使い続ける必要はありません。

ヤーズの重大な副作用には血栓症があるので、これだけは注意しなければなりません。
血流が低下したり、血管が詰まることで、最悪は死亡するケースもあるため、厚生労働省が注意喚起を行っています。
手足の痛みや腫れ、息切れ、激しい頭痛、舌のもつれ、視力障害などが起こったら、ただちに医療機関で診察を受けるようにしてください。

ヤーズによって改善できる症状は他にもある?

ヤーズには月経困難症を改善する効果があるので、症状を緩和したいときは病院で処方してもらうようにしてください。
ヤーズには他にも、月経前症候群(PMS)を改善できるので、生理前はニキビが出来やすい方にもおすすめです。

月経前症候群(PMS)になると、イライラしたり、ぼーっとしたり、怒りっぽくなる、泣きたくなる、憂鬱な気持ちになる、周囲に八つ当たりしてしまうなどの心の不調が起こります。
月経前症候群(PMS)の症状は人によって違うので、肌荒れやニキビ、乳房の腫れ、体重増加、不眠、頭痛、腰痛などの体の不調が起こることもあります。
なかでもニキビが出来やすい人が多いですが、これは排卵後から生理前にかけて分泌される黄体ホルモンに、皮脂分泌を増やす働きがあるためです。
皮脂が急に増えると毛穴に詰まりやすくなるので、ニキビが出来たり、すでに出来ていたニキビが悪化しやすくなったりします。

黄体ホルモンは肌の水分量も低下させるので、肌が乾燥して角質が肥厚し、毛穴を塞いで、ニキビが出来やすい肌となります。
生理前になると肌荒れする人が多くなるのは、黄体ホルモンが原因なので、ヤーズを服用して、症状を抑えるようにしてください。

月経前症候群(PMS)の症状が重いと、通常の日常生活を送りにくくなりますが、ヤーズを服用すれば、和らげることが出来ます。
生理周期によって起こる症状に月経困難症がありますが、これは生理中に起こるので、月経前症候群(PMS)とは区別されています。

月経困難症になると、寝込んでしまうほどお腹が痛くてたまらなくなったり、吐き気や下痢がひどくなって、動けなくなることがあります。
ヤーズを服用すれば、これらの症状も改善できるので、生理前や生理中に辛い思いをしている方は処方してもらうようにしましょう。