ピルを購入する方法をご紹介します。ピルの購入方法で一番おすすめなのは個人輸入を利用することです。ピルには個々の体質や状況などに応じた種類があります。ピルとは何かを理解し、正しく安全な使用を心掛けましょう。ピルの初心者必見です!

Scroll

ピルを使うと太るって本当?

ピルを飲むと太るといわれています。
その原因は、ピルに含まれる成分による副作用が大きく関係しており、いくつかの原因で太ると考えられています。
まず、ピルを服用することで食欲が増進してしまいます。
急に食欲が増進する働きがあり、ピルを服用した人の5%未満が発症します。
食欲増進の原因はピルに含まれているエストロゲンやプロゲステロンといったホルモン成分が関係しており、この2つのホルモン成分により食欲が増してしまう場合があります。

むくみやすくなるのも太る原因だといわれています。
ピルを服用すると体内に水分を蓄積しやすくするため、むくみを起こしやすくしてしまいます。
これは、ピルに含まれるエストロゲンというホルモン成分が体の内部にナトリウム貯留を増やす作用があり、その作用により体内に水分をため込もうとします。
ナトリウム貯留が増加することで通常よりもむくみやすくなり、その分体重も増加してしまいます。

太る原因の1つにピルに含まれるエストロゲンが脂肪を増やす副作用があることも関係しています。
エストロゲンは女性ホルモンの1つで、女性の乳房や太股、腰回りなどに皮下脂肪を増やすため女性らしい体つきにはなりますが、体に脂肪が増えてしまうためその分体重が増えてしまいます。

最後に、脂質代謝や肝機能障害も原因だといわれています。
ピルに含まれる黄体ホルモンの一つにLevonorgestre成分に男性ホルモンを刺激する作用があります。
アンドロゲン作業が強く出てしまうと、脂質代謝の関係で体重が増加する可能性があります。
さらに、肝機能障害があるにも関わらず服用してしまうと体重が増えてしまいます。

このように服用することで太ってしまう原因は、いくつも考えられており自分がどの副作用が出てしまうかは実際に服用してみないとわかりません。
体質によっても太らない場合もありますし、逆に体質によっては副作用により食欲が増進したりむくみ具合がひどくなる場合もあります。

ピルで太らないようにするための対処法

ピルの服用で太る原因はわかりましたが、逆に太らない対処方法もあります。
うまく対処方法を活用して太らないように気を付けながら服用をし続ければ急激に太る心配も減らすことができます。

対処方法として特に有効的な方法の1つに水分をため込まないことです。
服用中はどうしても水分をため込みやすくなってしまうため、水分代謝をあげておくとむくみにくくなります。
対処方法として、水分代謝を促すために必要な栄養素をとることがあります。

水分代謝を促すために必要な栄養素は、パセリやアボカドなどに多く含まれるカリウム、魚介類やアーモンドに含まれているビタミンE、レモンやグレープフルーツに含まれるクエン酸を摂取することです。
カリウムには塩分排出の作用があり、ビタミンEには血行促進、クエン酸には代謝の促進作用があり体に水分をため込むのを防いでくれる作用があります。

服用中に太らない対処方法として自己コントロールも重要です。
確かにピルの服用により食欲は通常よりも増進してしまいます。
しかしピルの成分が原因で太る重さは1㎏ほどと言われており、それ以上に関しては自分の食欲のコントロールができていないことが原因です。
服用前の食事量とピル服用後の食事量を比較して少し多いと思ったら減らすなどの工夫をして自分でコントロールすることで少しでも太らないようにすることができます。

また、むくみが分かった場合にはお風呂につかりなるべく体を温めてマッサージをしてリンパの流れをよくすることで代謝が良くなり少しは改善できます。
副作用による対処法は、様々ですが自分でできる対処法はどれも自分が気を付ければ簡単にできることです。
うまく対処してピルと付き合えば太る心配もありません。