ピルを購入する方法をご紹介します。ピルの購入方法で一番おすすめなのは個人輸入を利用することです。ピルには個々の体質や状況などに応じた種類があります。ピルとは何かを理解し、正しく安全な使用を心掛けましょう。ピルの初心者必見です!

Scroll

ピルには保険が適用されるの?されないの?

ピルは一般的なイメージとして避妊目的で使われるものであると考えている人はとても多いです。
しかしピルが使われるのは避妊目的だけではありません。
いろんな婦人科系の病気の治療目的としても使われます。
ピルの支払いの時には保険が適用になる場合と適用されない場合があります。

ピルが保険の適用となるかどうかは避妊目的であるか、それとも治療目的であるかによって違います。
保険は病気の治療目的のために使うものですから、例えば生理痛が重度の場合、子宮内膜症、PMSなど治療目的であればピルは保険の適用範囲内ということで1割負担もしくは3割負担で購入することが可能となります。

ピルはどこの病院でも大体1シートで1500円から3000円ほどの価格となっています。
ピルそのものの価格に診療のための費用や処方料などもかかってきます。
例えば1か月分ほどの薬代と診療費などもあわせると3割負担となって、およそ3000円ほど必要だと考えておくのが良いでしょう。

保険の適用範囲外となってしまった場合は100%自分の支払いとなりますが、薬の価格や診察料、処方料などについてはその病院によって設定している価格が違うため、病院が変われば1か月にかかる費用も変わってくる可能性があります。
保険の適用範囲内となるかどうかは治療目的かどうかということで決まりますから、医師の診断をしっかりと聞き、どのような対応となるのかを理解しておきましょう。
病院によっては指導料なども全く受け取っていないというところもあります。
そういった確認を事前にして、いきなり一つの病院で診察を受けるのではなく、費用面についてもいくつかの病院のものを比較してから選ぶようにするほうが良いです。

ピルは初めて服用する場合、体がまだ慣れておらず気分が悪くなってしまう場合も少なくありませんので、そういったことについてもしっかりと聞いて確認しておきましょう。
どうしても体にあわなかった場合には薬を変えてもらうことも相談してみるといいです。

ピルに保険が適用されない場合

ピルが保険の適用とならない場合はどういった場合なのでしょうか。
よく知られているようにピルは避妊目的で使われることも多く、その場合は適用外となりますので全て自費となります。
ただ適用外となってしまったとしてもどのピルを処方されるかによって費用が少し高めになったり、保険の適用になった時とそれほど費用的に変わらないということもあります。

避妊目的の場合ではアフターピルの処方もあります。
アフターピルは望まない妊娠を避けるために緊急事態の時に処方してもらって飲む薬です。
つまりアフターピルも避妊目的のピルであるとされるため、この場合も全て自費となります。

また避妊ではなくても旅行などがあって生理日をずらしたいという時にも処方してもらうことができますが、この場合も保険の適用外となります。
元々の予定日より早めたり、遅らせたりすることができます。
旅行に行きたいから生理日をずらしたいという場合は保険の適用外となりますので、薬代などの費用は自費になります。
どれだけかかるかということは他の場合と同じで病院によって費用が違います。

生理日をずらすだけの場合の処方はほとんど問診のみで出してもらうことができます。
これは元々服用をしていない人、そして服用に関して問題がないと判断された場合です。
3000円から5000円前後かかる場合が多いです。
その病院によって薬代以外にかかる費用が違います。

生理日をずらしたい場合はできるだけ日にちに余裕をもたせたほうが良いです。
生理日を早めたい場合はできれば2か月ほど前に、遅らせたい場合には大体1週間ほど前に処方してもらえば間に合います。
旅行中に快適に過ごすことを考えれば生理を早めておくほうが、薬の副作用などを気にしなくていいのでおすすめです。