ピルを購入する方法をご紹介します。ピルの購入方法で一番おすすめなのは個人輸入を利用することです。ピルには個々の体質や状況などに応じた種類があります。ピルとは何かを理解し、正しく安全な使用を心掛けましょう。ピルの初心者必見です!

Scroll

ピルと一緒に飲んじゃいけないものはあるの?

ピルとは予定外の妊娠を防ぐために使用される避妊薬のこと。
ピルは体内のホルモン量を調整する機能があるので避妊薬としての目的だけではなく生理不順や生理痛を緩和する目的でピルを使用している人も多くいます。

ピルには一般的な他の薬と同様に併用禁忌があります。
併用禁忌は、飲み合わせの悪い薬や食べ合わせの悪いものと同時に接種してしまうと薬の働きが強くですぎて副作用がでることがある薬のことです。
逆に薬の効き目がなくなってしまったりするために一緒に摂取してはいけないのです。

併用禁忌はやむを得ない場合に医師や薬剤師などと相談を行ったうえで併用することもある併用注意よりもより危険な組み合わせとなっています。
ピルだけではなく他の薬にも言えることですが、使用する前にはあらかじめ取り扱い説明書を読み容量・用法をきちんと守ることが大切です。
取り扱い説明書をなくしてしまった場合にはメーカーのホームページなどからも確認することができます。
併用禁忌を犯してしまうとピルの吸収が不十分になる恐れがあるため避妊薬としての役目が発揮できないことがあります。
ピルの併用禁忌として有名なものにはセントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)があります。

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)はオトギリソウ科の多年草で伝統的な癒しのハーブとして有名です。
気分が落ち込んでしまった場合や更年期の時期を快適に過ごすためのサポートとしてサプリメントで服用されるほど人気のハーブとなっています。
セロトニンの消費を抑える力があるこのセントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)は抗うつ剤とほぼ同じともいわれるほど効き目が強くリラックスをするためには向いています。
残念ながらピルの代謝のスピードを促進してしまう働きがあります。

ピルの代謝スピードが上がってしまうと薬効が落ちてしまうだけではなく、不正出血がおきてしまう可能性も高まってしまいますのでセントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を使用したハーブティーやサプリメントの併用は行わないようにしてください。

ピル服用時に気を付けたい食事と常備薬

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)以外にもピルとの併用で気を付けておきたいハーブには西洋ハーブのチェストベリーがあります。
チェストベリーは女性ホルモンの分泌を促す働きのあるためピルを避妊薬として使用したい場合には薬効が半減してしまう恐れがあります。

ハーブは自然のものなので薬と併用しても大丈夫と思う方も多いかもしれませんが、組み合わせによっては副作用がでてしまことも多くあります。
特に西洋ハーブは薬効が強いものも多いため普段の食事に取り入れる場合には一度副作用を確認してから使用することをおすすめします。

ピルには副作用として血栓症や頭痛、吐き気や体重増加などがでるケースがあります。
ニキビができやすくなったり食欲が増したりすることもあるので、栄養バランスの良い食事を適量とることが大切です。
甘いものや脂質が多いものは摂取しすぎないようにしましょう。

血栓症は水分を適度に摂取することで予防できるほか、喫煙はリスクを高めるので控えましょう。
アルコールは嘔吐によってピルを吐き出してしまうことや、脱水症によって血栓のリスクを高めてしまうこともあるのでほどほどにすることが大切です。

ピルの服用時に気を付けたい点には食事以外に常備薬があります。
頭痛薬としても使われる解熱鎮痛剤には「アセトアミノフェン」という成分が入ったものがあります。
この成分はピルと解熱剤の両方の薬効に影響を及ぼすとされていますので鎮痛薬を使用したい場合には別の成分のものを使用しましょう。

他にもテトラサイクリン系などの抗生物質や花粉症の薬としても使用される抗ヒスタミン薬、服用するタイプのステロイド薬などが注意が必要な薬となっています。
他の薬と一緒に服用したい場合にはあらかじめ医師や薬剤師に相談したうえで使用するようにしましょう。