ピルを購入する方法をご紹介します。ピルの購入方法で一番おすすめなのは個人輸入を利用することです。ピルには個々の体質や状況などに応じた種類があります。ピルとは何かを理解し、正しく安全な使用を心掛けましょう。ピルの初心者必見です!

Scroll

もしも避妊に失敗したときはアイピルで緊急避妊

妊娠を望まない場合、性行為をする際にコンドームを付けたり、病院で処方されたピルを毎日決まった時間に飲んだりして避妊をする必要があります。
特にピルに関しては効果的な方法ではありますが、毎日同じ時間に服用しなければ効果がないため、飲み忘れてしまい避妊を失敗してしまう場合もあります。
さらに、コンドームでの避妊に関しても、成功率は80%ほどと避妊が完璧にできるわけでもなく破けてしまったり、防げておらず避妊の失敗が起こる場合もあります。
万一避妊に失敗してしまった場合には妊娠を防止する方法の1つにアフターピルを服用する方法があります。

アフターピルを服用することにより、排卵を抑制したり、受精を妨げることができるため妊娠を防ぐことができます。
緊急避妊薬を服用することで妊娠を防げれば、ほとんどの女性にとって安全な方法ともいえます。
しかし妊娠中の方やほかの治療を受けている一部の方は服用を避けなければいけない制限もあります。
そのため、何か病院にかかっている場合には医師に事前に相談しておく必要があります。
緊急避妊薬の中でもアイピルは安全で、効果的なアフターピルであることが実証されています。

アイピルは、Piramal Healthcare社が開発したアフターピルで、Levonorgestrelにより効果効能は受精と着床の抑制を行ってくれます。
臨床実験を行い95%の確率で避妊できるという結果が出ており妊娠を防ぐのに効果的なピルです。
また、インターネット等でも販売しているため、病院にもらいに行くことができない場合やもしも失敗したときの備えとして家に置いておきたい場合にはとても便利です。

アイピルの価格は定価1500円ほどでそれほど価格も高くなく、オンラインショップによってはさらに安く販売しているため、躊躇する価格でもありません。
もしものリスクを考えると安全に安く避妊対策をできるため、万が一を考えて事前に購入し家に備えておいても問題ない値段です。

アイピルなどのアフターピルはいつの飲めば間に合う?

アイピルなどのアフターピルは、性行為後72時間以内に1錠を水かぬるま湯で飲むのが基本的です。
72時間を過ぎると避妊の成功率も下がってしまい避妊に失敗する可能性も高くなり、逆に24時間以内ですぐにでも服用すれば効果は高くなります。
そのため、できるだけ性行為後すぐにでも服用するとより避妊率も高くなります。

アイピルなどの緊急避妊薬は副作用が起こる可能性もあり、毎日服用できるピルよりも副作用が強い可能性もあります。
アイピルの場合、主成分はLevonorgestrelと言われるもので、強制的にホルモンバランスを乱して受精後の着床を防ぐため、ホルモンバランスの乱れにより吐き気、下腹部の痛み、頭痛、胸部の違和感などが現れる場合があります。
特に吐き気の副作用が多いですが、抑える為にも食後の服用で吐き気を少しでも抑えられる可能性があります。
また、副作用が現れた場合でも1-2日程度で収まることが多いです。

アイピルを服用することで黄体ホルモン剤として子宮内膜をはがし、受精卵の着床を防ぐことができます。
72時間以内の服用で効果も実証されていますが、服用は早ければ早いほど避妊成功率は高くなります。
また妊娠している可能性のある方は胎児に悪影響を及ぼす可能性も高く、中絶薬ではありませんので中絶薬として服用しようと考えている方は服用できないので注意が必要です。

毎日のピルの服用を忘れてしまったり、避妊に失敗してしまったりしてどうしようと悩みながら放置していると緊急避妊薬では間に合わない場合もあります。
そのため失敗した場合には少しでも早めに緊急避妊薬を服用することが大切です。
また、もしもの場合に備えて家に置いて対策しておくことも大切です。