ピルを購入する方法をご紹介します。ピルの購入方法で一番おすすめなのは個人輸入を利用することです。ピルには個々の体質や状況などに応じた種類があります。ピルとは何かを理解し、正しく安全な使用を心掛けましょう。ピルの初心者必見です!

Scroll

あまり知られていないピルの避妊以外の効果

スポーツをする女性

避妊を確実にするために女性ができる方法としてピルを服用するわけですが、その第一の目的以外にも得られる効果が実はあるのです。
避妊目的で服用する人だけのものではないのが事実なのです。
服用される人の中には、個人差はありますがピル服用前よりも確実に体調が良いとか、気分が明るくなるという方が多いです。

まず確実に言えることは、次に生理が来るのがいつなのかが決まる、つまり生理周期がコントロールされることで、海水浴やプールだけではなく激しいスポーツなどの予定を立てやすくなります。
これはアグレッシブな女性にとっては大きな利点ですし、お友達やパートナーとの予定を決めるときにも大変役立ちます。

次に言えることは、服用によってホルモンバランスをコントロールできて、ホルモンバランスの乱れによる精神的な浮き沈みが少なくなってきます。
生理の前後に起こっていたイライラが弱まったり、排卵日や生理日の憂鬱感も和らいできます。

生理痛や排卵痛が弱まるのも大きな効果としてあげられます。
出血量が減りますし、痛みや重苦しさも減少するという方が多いので、生理痛が重い人や月経前症候群(PMS)がある人には病院で処方されることもあるのです。
そして、自分では今まで普通だと思って我慢してきた月経前症候群(PMS)や生理不順、子宮内膜症などにピルを飲み始めたことで気づくというケースもあります。

服用を続けるために定期的に通院をする必要がありますから、その時の血液検査で他の病気が発見されやすいという状況にもなります。
婦人科に足を運んでまで避妊薬を手に入れる、その手間が面倒でピルをはじめない方が多いですが、むしろ定期的に通院することは自身の体調管理にとても
有意義なことなのです。

ピルは子宮内幕症やがんも予防する

生理不順を放っておくことで、月経前症候群(PMS)、子宮内膜症、卵巣がんの悪化を招いてしまうことがあります。
生理周期をコントロールし、生理不順を改善しましょう。
生理不順、月経前症候群(PMS)、子宮内膜症、卵巣がんの方が病気の進行を弱めるために医師からピルの服用をすすめられることがあります。
ただ、月経前症候群(PMS)、子宮内膜症、卵巣がんといった患者さんへの対応方法というのは進行具合や自覚症状の有無で大きく違ってきますので、手術や他の処方薬なども検討が必要かもしれません。

自覚症状がないうちから避妊のために服用していたピルのおかげで、月経前症候群(PMS)、子宮内膜症、卵巣がんの悪化を防いでいたというケースも多いのです。
例えば生理周期が早い方では、一年にくる生理の回数が多くなります。
その間に月経前症候群(PMS)、卵巣がん、特に子宮内膜症の症状は悪化するばかりなのです。
その回数を減らす事ができます。
そして、排卵などは保たれたまま子宮内膜が薄くなることで生理に伴う、体への負担が少なくなるのです。

ニキビや多毛症を改善する効果も!?

ピルの服用によってニキビや多毛症の改善などお肌へ現れる効果が大きいのはあまり知られていないかもしれません。
でも、服用している人が効果を実感していることは事実なのです。
生理周期に伴ってお肌の様子が大きく変化するのはよく知られています。
生理前や生理中はお肌が敏感になりやすく、ニキビや多毛症などに悩まされる方が多いです。
逆に生理が終わってしばらくすると潤ってすべすべ、化粧のりもバツグンという方がいます。
重度のニキビ肌や多毛症の改善のために医師のすすめでピルを飲む方も出てきています。

生理周期をコントロールしていることで、ホルモンバランスが程よく整うので、ピルを始めたら全くニキビや多毛症にならない、お肌の調子が良くなるというわけなのです。
スリムで胸が小さかった方が、女性らしいメリハリのある体型に変化していくこともあります。
これについても多くの服用者が感じている事実です。
生理周期をコントロールし、生理不順を正していたおかげで、妊娠を希望する環境になった時には妊娠しやすい体質に変わっている場合も十分考えられます。
ニキビや多毛症の改善、婦人病の予防にもなるピルはおすすめです。